日産横浜自動車大学校が 神奈川県の高等学校との教育連携事業 「仕事のまなび場」に参画

プレスリリース掲載日:2018.08.02

日産横浜自動車大学校が 神奈川県の高等学校との教育連携事業 「仕事のまなび場」に参画

日産横浜自動車大学校が、2018 年 7 月 31 日と 8 月 1 日に一般社団法人 神奈川県専修学校各種学校協会の事業である「仕事のまなび場」に参画した。

この取り組みは、神奈川県の高等学校と専修学校との教育連携事業として、高校生の「仕事感・職業感の向上と育成」を図る為に、社会のニーズに対応し、かつ興味のある分野において職業教育を提供する場として幅広く活用されているものである。

今回の日産横浜自動車大学校での授業は基礎的なガソリンエンジン・ブレーキの仕組み、自動車の日常点検方法など、高校生にも取り組みやすく、かつ座学・実習両方をバランスよく体験頂けるものとし、同時に自動車整備士という仕事の「やりがい」や「生きがい」など、高校生が「将来の夢」を抱けるようなプログラムになるよう工夫した。

また、2 日間の体験学習の中で在校生と交流する時間を設け、自由に質疑応答することで入学前後の疑問を解消できるようにし、参加者が具体的な将来のキャリアイメージに思いを馳せることができる講座となった。

日産横浜自動車大学校が 神奈川県の高等学校との教育連携事業 「仕事のまなび場」に参画

シェアする