ページ内を移動するためのリンクです。

プロジェクト概要

「若者のクルマ離れを食い止めたい。」 そんな思いから、近藤真彦監督率いる「KONDOレーシング」と日産自動車大学校の共同プロジェクトが2012年に実現した。
舞台はスーパー耐久レース。「S耐」の名で親しまれている全国転戦型のツーリングカーの耐久レースだ。学生達はメカニック、マネジメント、広報として勝負の世界に関わり、プロフェッショナルの仕事を目の当たりにした。
2017年は参戦6年目を迎え、今年も6戦の参戦が予定されている。プロ顔負けの活躍を見せる学生スタッフにはレース業界からも期待が寄せられている。

スーパー耐久レースとは

市販車を改造した車両によって行われるツーリングカーレースで、「S耐(えすたい)」の愛称で親しまれている。大幅な改造は認められず、量産自動車に小規模の改造を施したマシンでの耐久レースとなる。KONDOレーシングと日産自動車大学校のコラボチームが参戦するST-Xクラスはスーパー耐久レースのトップカテゴリーとなっている。

チーム体制

車 両
: NISSAN GT-R(NISMO GT3)
メンテナンス
: 日産自動車大学校、KONDOレーシング共同
マネジメント
: 日産自動車大学校、スリーボンド、KONDOレーシング共同
チーム監督
: 近藤真彦
ドライバー
: 藤井 誠暢/内田 優大/平峰 一貴
タ イ ヤ
: 横浜ゴム

チーム体制

全長 4,780mm 最大トルク 637N・m以上/5,000rpm
(65.0kgf・m以上/5,000rpm)
全幅 2,036mm ホイール(前後) 13.0J X 18
重量 1,300kg 車両価格 49,800,000円
(日本/アジア/北米/南米/オセアニア地域)
エンジン形式 VR38DETT ミッション 6速シーケンシャルミッション、
セミオートマチックパドルシフト
総排気量 3,799cc 駆動方式 FIA GT3規定により後輪駆動
最高出力 405kw以上/6,500rpm
(550ps以上/6,500rpm)
   

スーパー耐久レース2017シリーズ レース参戦スケジュール

  • 日産栃木自動車大学校
  • 日産横浜自動車大学校
  • 日産愛知自動車大学校
  • 日産京都自動車大学校
  • 日産愛媛自動車大学校