日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!

お知らせ掲載日:2020.03.20

日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!

2020年2月16日(日)、日産グローバル本社ギャラリーにて、
日産ファンイベントが開催されました。

このイベントの目玉として、日産・自動車大学校で2019年度から取り組んでいる
SUPER GTを活用した人財育成プロジェクト、
「NISSAN MECHANIC CHALLENGE」の特別体験コーナーを設置。

2019シリーズで実際にサーキットを走った56号車と共にピットを再現し、ピットワークシミュレーション、ピット見学ツアー、タイヤ交換体験、ライドオン記念撮影など、たくさんの方に体験していただきました。

日産校の学生が笑顔でおもてなしを行い、ピット内の見学、車両の説明をお客さまに一生懸命行いました。
学生は、コミュニケーション力の大切さ痛感し、「学校で学び直さなければ!」と学生同士で笑顔で話をしていました。

また、日産販売会社のTSもデモンストレーションに参加し、ドライバー交代を含めた本物のピットワークを再現。多くのお客さまが興味津々で見に来られました。日産校の学生も給油担当で活躍しました。

タイヤを外す装置のインパクトレンチを持ったり、レーシングカーのタイヤを持ち上げたり、大人だけでなく、お子さまにもレース・車のワクワクを楽しんで頂きました。

イベントの後半で、ステージ上で行われた「NISSAN MECHANIC CHALLENGEトークショー」では、
次年度のSUPER GT(GT300クラス)の体制も発表されました。
近藤監督とともに、2020年度のドライバー:藤波 清斗選手と、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手も紹介され、次年度の戦いへの意気込みを語りました。

このトークショーでは日産校の学生と日産販売会社のTSも登壇し、レースに参加しての感想、実際に参戦したことから学んだことなども語りました。

学生は整備士をめざしたキッカケを質問され、車が好きで日産校に入ったがNISSAN MECHANIC CHALLENGEを経験し、レースに興味を持ち始めたと答えました。
また、TSの方は日産校出身の方だった為、学生から先輩TSに対し販売会社に就職する為に身に付けておくべき事を質問し、先輩からはコミュニケーション力を身に付けて置く事!と言ったアドバイスを受けました。

最後に近藤監督は、「理想通りのプロジェクトになっている、このプロジェクトは絶対に続けて行きたい!」と強く語っていました。

日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!
日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!
日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!
日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!
日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!
日産校学生がステージに!次年度のSUPER GT体制発表!

シェアする