高等教育の修学支援新制度とは

自動車整備士の夢を応援します。
日産・自動車大学校は「高等教育の修学支援新制度」の対象校です。

高等教育の修学支援新制度とは?

高等教育で安心して学んで頂けるための2つの新しい支援制度が令和2年4月からスタートします。

授業料の減免
(授業料と入学金の免除または減免)
給付型奨学金
(原則返還が不要な奨学金)

どんな「人」が支給の対象になるの?

高等教育機関(大学・専門学校等)での
「学修意欲」と「学修能力」があること
「収入」と「資産」が
いずれも基準に該当すること

どれくらい支援してもらえるの?

どれくらい支援してもらえるの?どれくらい支援してもらえるの?

本人の年齢や家族構成等によって、目安年収は異なります。
※両親・本人(18歳)・中学生(15歳)の家族4人世帯の場合の目安
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生は、住民税非課税世帯の学生の2/3又は1/3の支援学となります。

減免・給付イメージ

学校種別授業料減免
上限額(年額)
入学金減免
上限額(1回のみ)
給付額(月額)
専門学校私立 590,000円160,000円自 宅 38,300円
自宅外 75,800円

どんな学校が対象になるの?

4つの条件を満たした学校が対象校になります。

  1. 「実務経験のある職員」による授業科目の標準単位数の1割以上の配置
  2. 「外部人材」の理事への複数任命
  3. 「適正な成績管理」の実施・公表
  4. 法令に沿った「経済・経済情報の開示」

教育の質が確保されておらず、大幅な定員割れとなり、経営に問題がある学校について実質的に救済がなされることがないようにするための経営要件も設定されています。

次の3点いずれにも該当する場合は、対象機関とされません。

  1. 直前3年度全ての収支計算書の「経常収支差額」がマイナス(法人の決算)
  2. 直前年度の貸借対照表の「運用資産-外部負債」がマイナス(法人の決算)
  3. 直近3年度全ての在籍学生数が収容定員の8割未満(大学等の状況)

※ 専門学校の経過措置 ~令和2年度:6割未満、令和3年度:7割未満、令和4年度:8割未満~

日産校は、高等教育の修学支援新制度の対象校として、文部科学省のページで公開されています。
https://www.mext.go.jp/kyufu/

2019年度の高校3年生のスケジュール

経済的に厳しくても進学するチャンス・・・将来のために先生や保護者に相談してみよう。

  • 2019年5月~6月頃

    自分が給付型奨学金の対象かJASSOサイトで家族と一緒に調べよう

    支援額を試算シミュレーションはこちら

    「対象かも」と思ったら、先生に申請書類をもらおう

    マイナンバーの提出が必要なので早めに準備を!
  • 7月頃
    JASSOの奨学金申込専用サイト「スカラネット」で申し込もう
    (一部、書類の提出が必要)
  • 夏以降
    国等が対象となる学校を公表
    自分の進学予定校が対象となるか確認しよう
  • 12月頃
    支援の対象となったら通知が届く
    (予約採用の候補者決定通知)
  • 2020年4月頃
    対象となる学校に入学「スカラネット」で
    進学届を提出授業料等の減免は、進学先で手続き

日産校に入学した後でも手続きが可能
2019年4月入学後に申請する場合のスケジュール

  • 調べる
    9月~10月頃

    自分が新制度の対象となるか、JASSOサイトなどで調べてみましょう。

    新しい支援制度の詳しくは特設サイト
  • 確認する
    9月20日

    対象となる大学等が公表。在学校が対象となったか確認。

    支援対象の大学・高専・専門学校はこちら
  • 申請する
    11月
    給付型奨学金
    学校から関係書類をもらって、インターネットでJASSOに申込み
    (在学予約採用の申請)
    ※学校ごとに締切日が異なるので確認を
  • 11月以降
    授業料等減免
    学校から申込書類をもらって、学校に申込み
    ※学校ごとに締切日が異なるので確認を
  • 決定・支援の開始
    令和2年4月
    給付型奨学金
    審査結果の通知がJASSOから学校を通じて本人に通知されます
    最初の振込みは4月または5月です。

    授業料等減免
    審査結果の通知は学校から本人に対して通知されます

制度に関わる要件等、今後変更が生じる可能性がありますので、詳細および最新情報については、文部科学省または、日本学生支援機構をご覧ください。