What's New 最新情報詳細
現在表示しているページの位置です。

【学生広報部 発信】スポーツメカニクス科の耐久レース参戦記2

  • 2017年12月15日

    スポーツメカニクス科が授業の一環として、「HERO challenge 軽耐久KING OF K-CAR’17」に参戦しました!
     
    今回は「しのいサーキット(栃木県宇都宮市)」で年間4戦、行われるシリーズの最終戦。特別規定で5時間の長丁場のレースとなりました。前回のレース参戦後に行われたに振返りミーティングでは、プラス1時間の耐久戦に向けた対策も考え、万全の計画で今回も臨みました。ただし、前日になるとバタバタしてしまい、お約束の遅くまでの作業も発生!…どうにか本番を迎えることができました(汗)。
     
    今回のレースではアクシデントが続出!ライバルの車両がコーナーを曲がり切れずにコースアウトしたり、横転する車両がでたり…、我チームも運悪くドライバーチェンジからコースインの際にセーフティーカーに足止めされるなど…思う通りにマネジメントができないレースとなりました。
    ただし、入念なメンテナンスの甲斐もあり、車両の調子は良好で順調に周回を重ねました。が、2時間を経過した頃に突然、ハンドルのガタツキが発生。急遽、ピットインをして足回りを調べるとロアアームのボールジョイント部分の緩みを発見!今回のレースに備えて新品に交換し、間違いなく締付けた筈ですが初期緩みが出てしまったようです。想定外のトラブルで10分以上のピットストップとなってしまい大きなタイムロスとなってしまいました。
     
    順調なレース展開はできませんでしたが、どうにか5時間は走り切り、結果は8位でフィニッシュ!今回は加給器等によるクラス分けがない混合戦なので、決して悪い順位ではないのですが…マシントラブルが悔やまれます。
    思い通りに行かないのがモータースポーツの常識。今回も最高の実験場でリアルな授業をさせていただきました。
このページの先頭へ