モータースポーツ、ハイパフォーマンスカーを活用した授業を通して「クルマの魅力を再認識」「クルマに対するより深い知識・技術体得」「タフな人財の育成」を実現し、自動車業界で活躍できる人財を育成します。

motorsports motorsports

新着情報

サーキット走行を通じて、

自動車の深い知識、技術を身につける!

Point1

サーキットを活用し、車両整備・運転スキルを学ぶ

ドライビングスキル向上と、モータースポーツのルールを学ぶため、国内A級ライセンスを取得します。サーキット走行を通じて車両状態を把握し、「安全に・速く・楽しく」走行できる車両整備とチューニングを学びます。

Point2

NISMOのプロ意識、整備技術や知識を学ぶ

サーキット走行するための整備、サーキット走行前後また車両チューニングでは、NISMOファクトリーに車両を持ち込んで点検整備を行います。NISMOメカニックから直接専門的な技術・知識を学びます。

Point3

チューニングパーツ組付

市販車両からサーキットを本格的に走行できる車両にチューニングし、その変化を体験するために、サーキットを試走します。

Point4

カートレースに参戦

スポーツカートを使用し、カートライセンスを取得します。また、耐久レースなどに参戦しながらカートの車両整備も学びます。

モータースポーツ科の授業

自ら整備をした車をサーキットで実走行して変化を体感し、その変化から自動車の面白さと生きた技術を学ぶ。

ドライビングレッスン

プロドライバーから運転技術を学ぶドライビングレッスン

リフレッシュ整備

車両セットアップ

カート整備

モータースポーツ科卒業生インタビュー

小澤 奎也
就職先:日産自動車株式会社

モータースポーツ科で、限界走行した車両は各部に大きな負荷が加わっており、一般用途の車両とはまた違った細かい視点を持って車両を点検・整備する必要があることを学びました。現在の車両実験部の仕事でも、限界走行する車両を扱いますので、その経験がそのまま活きています。また、徐々に実習車のブレーキやサスペンションを強化し、何がどう変わるのか自分で体感し、相手に説明する授業もありました。車両実験部でも、実験車で起こっている現象を正確に感じ取り説明する能力が必要ですから、学生時代の経験が大いに役立っています。

西川 涼
就職先:日産プリンス神奈川販売株式会社

私はモータースポーツ科を卒業して、整備の大事さを学びました。高速での走行が多いので、部品の劣化や摩耗が多くなります。ですので、抜け漏れ無く整備を行わなかったら重大な事故に繋がるので、私は緊張感をもって整備の勉強を心掛けました。私は販売会社に勤めていますが、モータースポーツ科で学んだ事が今とても生かされています。お客様に安心して車に乗ってもらうには確実な整備する必要があります。事故や不具合を出させない為の確実な整備をモータースポーツ科に入って学ぶことが出来ました。

在学中に取得可能な資格

  • 国内A級ライセンス
  • 富士スピードウエイサーキットライセンス
  • SLOライセンス(カートライセンス)