日産5校の強み

ここがポイント!6つの魅力

日産校、5つのポイント

1最高の環境と、最先端技術の習得

2NISSANで活きる先取りの育成プログラム

3学生全員が国家資格を取得

4内定100%はあたりまえ!

5S耐参戦!全員で学ぶ、レースを通じたプロフェッショナルな人間力

栃木校ならさらに

6ハイレベルなメカニックを育成する最高の教育環境

なぜ日産校なのか?に答える5つのポイント

1.最高の環境と最先端技術の習得〜NISSANならではの教育〜

日産施設の徹底活用

プロの日産メカニックの教育センター『日産ビジネスカレッジ』の教育をはじめ、日産テクニカルセンター、グランドライブ、日産製造工場の研修など、日産施設をフル活用できます。

最先端技術の習得

「電気自動車(EV)」を使っての授業や、スーパーチャージャーによる環境性・衝突回避等の安全性等の『新技術』を学ぶことができます。

幅広い教養と高い専門性を合わせもつ人財に

日産校では特に礼節を重視。日常の挨拶や身だしなみ等の対話指導。さらに当校独自の指導方法により、バランス感覚に優れ、社会で活躍できる業界リーダーを育成します。

さらに一級自動車工学科では

学校独自のリーダー育成指導によりさまざまなマネジメント力を磨き、将来の自動車業界を担う中核的役割を果たせる素質を身につけます。

2.NISSANで活きる先取りの育成プログラム

在学中の日産資格取得

実社会で使用されている最新の整備機器の取扱いや、日産入社後資格を在学中に習得。就職後の早期キャリアアップへの道が拓けます。

さらに一級自動車工学科では、メカニックのスーパーエリートをめざす!

日産自動車では日産キャリア制度の最高峰『マスターテクニシャン』取得の条件として、国家一級資格を最大評価しています。

3.学生全員が国家資格を取得!

他校を圧倒する国家資格合格率

国家一級合格率は全国トップクラス!全国にある日産5校が連携してメカニック育成ノウハウを蓄積しています。わからないままにさせない指導方針で確実にレベルアップを図ります。

さらに一級自動車工学科では、「高度専門士」の称号を取得

専門士の学習に加え、よりレベルの高い教育を受ける一級課程卒業で「高度専門士」の称号が得られます。(4年制大学の「学士」と同等で大学院に進学可能)
※2006年文科省告示

4.内定100%はあたりまえ!

メカニックだけでなく車両開発スタッフも、内定率は100%。他校にはないNISSAN5校の圧倒的な強みです。

内定を勝ち取ったセンパイを直撃! 第一志望に合格できた理由を聞きました。

大学院生のライバルに勝てた!

吉本 佳祐

日産自動車株式会社(開発部門) 内定
就活におけるライバルのほとんどが大学院生でした。しかし日産校で自動車に詳しくなれた事が自身の強みとなりました。また、面接訓練など先生方のサポートもあり、面接では落ち着いて自分の意志を伝えることが出来ました。結果、「自動車の開発に携わる」という夢を叶えることが出来ました。入社後も日産校で学んだことを活かして頑張ります。

女性で初めて開発部門に内定!

丹呉 いづみ

日産自動車株式会社(開発部門) 内定
面接では、スーパー耐久レースで60名の学生スタッフの総括を務めた積極性とリーダーシップをアピールしました。就活にあたっては、履歴書の書き方や面接練習など基礎から教えてもらえます。それに加え、工学科では、即戦力となるよう、問題解決手法などの社会人の基本スキルも実践的に学ぶため、より自信を持って試験に臨むことができました。先生方のサポートが心強かったです。

早期対策で自信を持って面接できた!

木下 恭仁

株式会社日産オートモーティブテクノロジー 内定
入学して直ぐに車両開発関係に興味を持ち、その時から必要な勉強を始めました。
就活に必要な情報は、担任の先生や就職担当の先生が親身になって教えてくださり、明確な目標を持って学習できました。早い段階で就活に必要な学習ができたこと、また、それによって自信を持って面接試験に臨めたことが内定に繋がったと思います。

先生方の熱心なサポートは最高の味方!

大畠 駿佑

茨城日産自動車株式会社 内定
卒業後は、地元の販売会社へ就職を希望していました。こんなにスムーズに就職内定をもらえるなんて驚きでした!入学直後から始まる就職授業や担任の先生との面接練習が、入社試験を突破できたポイントだと思っています。面接試験ではメカニックに対する熱い思いを落ち着いて伝えることができ、無事内定することができました。サポートしてくださった先生、本当にありがとうございました!

全方位の対策で就活を乗り切った!

相京 信

愛知機械工業株式会社 内定
就活では、SPI対策や、自動車業界ニュース、先輩の就活データ収集など、万全にして臨みました。また、自主的にTOEICの勉強もしたので、前向きな姿勢を評価していただけました。先生にはいつも相談し、今何をすべきかいつもアドバイスをもらっていたので、スムーズに準備をすることができ、面接では自然体で臨むことができました。

5.S耐参戦!全員で学ぶ、レースを通じたプロフェッショナルな人間力

KONDOレーシングと共に「スーパー耐久レース」に参戦! 生きたプログラムで人間力出を磨く!

レース全員参加という生きたプログラムを通じ、「何事にもチャレンジする気持ち、チームワークや信頼の大切さ」「おもてなしや感謝の心」などを学びます。整備技術やノウハウに加え、人間力を磨くプログラムです。

スーパー耐久レースとは

市販車を改造した車両によって行われるツーリングカーレースで、「S耐(えすたい)」の愛称で親しまれている。大幅な改造は認められておらず、量産自動車に小規模の改造を施したマシンでの耐久レースとなる。KONDOレーシングと日産・自動車大学校のコラボチームが参戦するST-Xクラスはスーパー耐久レースのトップカテゴリとなっている。

モータースポーツを通して『真のクルマ好きな人財』を育成することが目標

このプロジェクトは日産として、また日産・自動車大学校として、モータースポーツを通して『真のクルマ好きな人財』を育てることを目標にスタートしました。学生達には、この活動に参加する中で、本物のレーシングカーに触れて、クルマの魅力を感じてもらうと同時に達成感や感動をもって『真のクルマ好きな人財』になってもらえれば成功と考え活動しています。

なぜ栃木校なのか?に答えるココがポイント

6.ハイレベルなメカニックを育成する最高の教育環境

各校へのリンクはこちら